SWATCHES:BLUE SKY FIBERS 「WOOLSTOK」

In Diary

今年、ムーリットのラインナップに加わったウール糸「Woolstok」を編んでみました。

糸選びのヒントに、スワッチをご紹介します。

 

 

Blue sky fibersについて

ムーリット最初の書籍「こんな糸で編んでみたい」でも紹介している、アメリカのブルースカイファイバース(当時はブルースカイアルパカスという名称でした)。

糸ブランドのはじまりは、ブランドオーナーであるリンダさんが1頭のアルパカを庭でペットとして育てたことから……というユニークなもの。

 

▲Photo by Blue sky fibers リンダさんのバックヤードで暮らすアルパカたち

 

アルパカだけでなくウール、コットン、カシミアと、自然の豊かさや美しさをふんだんに取り入れた糸をつくり、世界中で広く知られるようになりました。

▲箱入りの素敵な糸見本

 

端正で美しい糸をつくるブルースカイファイバースは、クラフトマンシップの素朴さとはまた違ったイメージがあります。

それでも、糸や素材に対する愛情は溢れんばかり。

見るたびにわくわくした気持ちになる糸見本や、届いた糸が見やすいように荷造りをしてくれる気遣いなど、その想いに触れるたび、わたしたちも優しい気持ちに包まれます。

 

▲ミニスケインをかわいらしい小物に変身させて

 

▲ひとつだけタグの裏側をみせてパッケージしてあります。糸が到着したときにとても見やすくて感激しました

 

ペルーの高地で暮らす羊

今回ムーリットに仲間入りした「Woolstok」は、ペルーの4000メートルを超える高地で暮らす羊の原毛をつかっています。

ローカルのハイランドシープと、コリデールを掛け合わせた種で、クリンプ(縮れ)のある毛が特徴。

とても厳しい環境で育つため、やわらかさと耐久性を併せ持ったウールです。

 

▲Photo by Blue sky fibers

 

最初に手にした印象は、ウールなのにチクチクした感じが全くしない!こと。

ふっくらとしてやわらかく、弾力のある2plyです。

 

これなら、帽子にしてもマフラーにしても、手袋もセーターも気持ちよさそう。

キッズ向けのニットもいいですね。

幅広く、さまざまなプロジェクトに使えるウール糸です。

 

 

▲使いやすいカラーをセレクトしました

 

試し編みをしてみました

タグに記載している針は、4mm~8mmとかなり幅を持たせた設定。

きっちりと編み詰めても、空気を含んだようにゆったりとしたゲージでも、応用が利きそうです。

 

▲左がJP6号、右が8mmのジャンボ針で編んだ編地です 

 

▲きっちり並ぶ目も、ゆるっとした軽い編地もいい雰囲気に 

 

▲こちらはJP10号で立体的な模様と、2色の引き上げ模様を試し編み

厚地に仕上がる模様で、バッグなどの小物を編むのもいいかも……

 

今年のタバードキット

昨年大好評だった、ハイネックのタバードキット

今年はこのWoolstokで編むキットをリリースしました。

ブルースカイファイバースらしい、ニュアンスのあるカラーは編地にするとより一層際立ちます。

「ハイネックのタバードキット ウールストク」はこちらから

 

今シーズンの編み物計画に、Woolstokの作品も加えてみませんか?

 

 

 

Blue sky fibers Woolstok

素材:100% pervian highland wool

重さ:50g

長さ:112m

おすすめの針:48mm JP68mmUS611

 

★お買い物はこちらから