ブリティッシュウールで編むホッティーカバーキット

¥7,150–¥7,480

糸の太さ

  • heavy worsted【太糸】
  • mill dyed 【並太】

  • the new hot pink
  • bruised plum
  • pine shade
  • leprechaun
  • tin soldier
  • wellie walk
  • spotty dotty
  • Silver
  • Pink
  • mint
  • aubergine
  • Moss
  • Lichen
¥7,150
カテゴリ: Knitting Kits, New Items

この商品について

人気のJillybean yarnsが手掛けるブリティッシュウールで、ホッティー(湯たんぽ)カバーを編むキット。
ドイツ・fashy社の湯たんぽボトルに、カラフルなセーターを着せてあげましょう!

 

Jillybean yarnsの糸は2種類からセレクト。糸の太さによって、針の号数・目数・段数が変わります。
「British blend heavy worsted」【太糸】は、ジルさんのハンドダイが美しいウール糸。
ぎゅっと詰まった編地で、カバーをボトルにかぶせるとコロンと愛嬌のある表情になりました。

「Shetland & BFL mill dyed」【並太】は、ジルさんデザインの色に工場で染めあげたソリッドカラー。
水通しして仕上げると、ちょうどよく起毛してくれます。こちらのほうが目数が多く端正な雰囲気に。


棒針の基本の編み方をつかって、輪で編み進めるプロジェクト。
ファネルネック部分の最後、編み終わりはカバーをかぶせやすいように、ゴム編み止めか伸縮性のある伏せ止めにします。
編み終わったら、ブロッキングをして形を整えます。湯たんぽボトルをブロッカーとして乾かすと、ちょうどよく仕上がります。


寒い季節、ベッドに入る少し前にホッティーを足元にいれておくと、ぽかぽかのまま眠りにつくことができます。
リビングでくつろぐときにも、あたたかなホッティーをひざにのせたり、ぬいぐるみのように抱えればあたたか。
Jillybean yarnsのすてきな糸で編んだカバーなら、湯たんぽも特別な存在になりますね。

 


★ホッティー(湯たんぽ)の使い方★

①中に何も入っていない状態で、ホッティーカバーをかぶせます。スクリューキャップを取って空気を抜いて、ボトルを丸めながら入れるとかぶせやすいです
②きっちりカバーをかぶせたら、ネックの根本を持ちながらゆっくりとお湯(40~60℃程度)を6分目くらいまで注ぎます
③ボトルに空気が入らないようにして、スクリューキャップをしっかりとしめます

④カバーのネック部分をすこし内側に折入れます

※取扱説明書をセットに入れていますので、かならずお読みください。低温やけどにご注意の上お使いください。

 


<キット内容>
・Jillybean yarns「British blend heavy worsted」【太糸】1かせ(100g/155m)または「Shetland & BFL mill dyed」【並太】1かせ(100g/220m)
・fashy 湯たんぽボトル(塩化ビニル樹脂・ポリプロピレン)&湯たんぽ取扱説明書
・編み方説明書(太糸・並太両方の編み方を記載しています)

 


<用意するもの>
・ゲージに会う棒針、とじ針

推奨針:【太糸】JP7号(4.2mm、US6)【並太】JP4号(3.3mm、US3) 4本棒針または輪針

ゲージ10cm×10cm:【太糸】16目×28段【並太】20目×34段 ブロッキング後

仕上りサイズ(ブロッキング後):幅20cm×高さ37cm(ブロッキング前は幅17cm×高さ36cm)

 

※最初に糸の太さを選んでください。在庫のあるカラーが表示されます。
・玉巻をご希望の方は、カート上にあるチェックボックスに印を入れてください。
・在庫のないカラーは選択できません。
・濃い色は水濡れや摩擦、汗などにより色落ちし、ほかの衣類に色移りすることがありますのでご注意ください。
・商品画像はモニター環境などにより実際の商品の色と多少異なる場合があります。ご了承ください。

※お湯を扱います。やけどや湯たんぽ使用による低温やけどに十分ご注意ください。

Jillybean yarnsの糸については、こちらのコラムをご覧ください