nysta o gnola

糸とのおしゃべりの時間

11/15(木)-27(火)

編みものや織りものでじっくりと過ごす時間が恋しい季節になりました。
nysta o gnolaさんによる集中した手作業が織り込まれた、繊細なリボンやネックレス、手芸道具がムーリットに並びます。 リボン織り機、レース針、タティングレースシャトル、糸巻き、裁縫道具箱などの道具も木工の手づくりです。

アクセサリーはその場でお持ち帰りいただけます。リボン織り機、レース針、タティングレースシャトル、糸巻き、裁縫道具箱などの道具は受注生産です。

プロフィール
nysta o gnola 糸花生活研究所は、糸を使った手仕事と、手作りの手芸道具を提案しています。
糸と過ごす穏やかな時間を、スウェーデン語のnysta”糸を巻く”と、gnola”ハミングする”を繋げた名前に込めました。 鳥が唄い、花が咲き、蝶が集い、その傍らで手仕事をする人のハミングが心地よく流れている時間。 そんな時間をたくさんの人のもとに届けられるようになりたくて、季節ごとに展示会やワークショップを行っています。

藤原洋人
東京芸術大学美術学部工芸科鍛金専攻卒業
東京芸術大学大学院美術研究科木工芸専攻修了
2011年春より、nysta o gnolaの活動を開始する

藤原真子
多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻 卒業
スウェーデン カペラゴーデン工芸学校テキスタイル科 留学
2011年春より、nysta o gnolaの活動を開始する

●ワークショップ 小さなリボンのアクセサリー

nysta o gnola の手づくり道具を使って、シルクのミシン糸で柔らかなリボンを織り、ブローチに仕立てます。シルクのやさしい色味と手織りならではの質感が、シンプルなコーディネートを引き立ててくれるブローチです。

  • 日時
    (1)11/16(金)13:00-16:00
    (2)11/19(月)13:00-16:00
    (3)11/27(火)13:00-16:00
  • 場所 リネンバード
  • 定員 各回4名
  • 講習費 5,250円(税込、材料費含む)お茶つき

※このワークショップは受付終了しました。