MOORIT

Envelope Online Shop


WOOLY  ”紡ぎのある暮らし”

WOOLY ”紡ぎのある暮らし”
8月7日(月)~8月20日(日)

編み物をするように、「こんな糸があったら良いのにな」と思う糸を作ってみませんか?
少しの道具と、時間があれば後は手を動かすだけ。
コツをつかめば、自分だけの糸をつくることができます。

埼玉県比企郡でSHOP「WOOLY」を営む店主を迎えて、
羊毛や、紡ぎをもっと身近に感じられる展示をこの夏、ムーリットで行います。

紡ぐ愉しみを探しに来て下さいね。

手紡ぎのWSも開催を予定しています。

YOSHIKO 「summer day」

YOSHIKO「summer day」
6月26日(月)-7月9日(日)

MOORITでは二回目となる、カゴで様々なものを作り出すYOSHIKOの展示を開催します。
YOSHIKOを代表する籐で作るカゴバッグやヘアアクセサリー、コンパクトミラーなど、
夏のお出かけに特別な存在になってくれるアイテムを沢山ご用意しています。
独創的な造形にも注目してお楽しみください。

籐で編むフラワーベースのWSも開催を予定しています。

 

YOSHIKO 齊藤美子
2003年にオリジナルブランド「YOSHIKO」をスタート。自らが 籐を編むことで様々なものを制作する。
ブランド 発足以来、オブジェのようなバッグを次々と発表。
現在は身にまとうことのできるアクセサリーや、ミラー等のインテリアグッズも多く発表している。
セレクトショップでの販売の他、展覧会やワークショップも開催。
現在『毛糸だま』(日本ヴォーグ社)でかご編み連載中。
http://yoshikobag.jp/

NIGHTY NIGHT IN CHINATOWN

NIGHTY NIGHT IN CHINATOWN
2017/05/29(mon)-6/11(sun)

ニットレーベルCIANSUMIによる、ハンドニット作品の展示を開催します。
今回のために、プラスティックや金属、ビニールなど珍しい素材を糸と合わせたバッグの販売、
「バッグが作れる糸キット」をMOORITカラーで詰め合わせてご用意しております。
どこか異国の夜市の雰囲気をイメージさせる、CIANSUMIによる新たなKNITTINGの世界を是非ご覧ください。

期間中「クラッチバッグ/ミニトートバッグ」のワークショップも開催します!

CIANSUMI
ニットを中心としたアイテムをインテリアやファッションなどの生活に提案するレーベル

中村須彌子 SUMIKO NAKAMURA
ニットアーティスト、ニットレーベルCIANSUMIデザイナー
東京造形大学テキスタイル専攻領域非常勤講師
ciansumi.com

CHIKAKO YAJIMA Exhibition

CHIKAKO YAJIMA Exhibition
2017/04/24(mon)-5/7(sun)

太陽が眩しく感じる季節になりました。
少しだけ毛糸を編む手を休めてご覧いただきたいアクセサリーデザイナーの展示を行います。
リボンで作られたアクセサリーは自由自在に形を変えて日々の装いを彩ってくれます。

昨年出版の著書「はじめて作るリボンジュエリー」も併せてお楽しみください。


デザイナーCHIKAKO YAJIMA(チカコ ヤジマ)より


ジュエリーでは見たことのない技法や構造を取り入れ、好奇心をくすぐるような商品を作りたいと思い、制作しています。
モノに対しての固定概念を壊すことからはじまるCHIKAKO YAJIMAのジュエリーづくり。
壊れて散らばったピースから、名前や用途にとらわれることなく、形や技法、必要なピースのみを抽出しデザインします。
数学の解答みたいに無駄がなく、人が身につけることで完成するジュエリーをご提案できればと思います。
そうして作られたジュエリーで皆さまの日常がちょっと楽しく、より素敵なものとなったら嬉しいです。

MOORITウィンドウ

MOORIT SOCK FESTIVAL 2017
3月21日(火)-4月23日(日)

靴下編みが大好きな方を夢中にさせる、編み方の新キットを用意しました。
アレグリアを使用して作る編み込み模様のソックス。
ウール100%の糸でケーブル模様を沢山盛り込んだクロッシングソックス。
ユニークな形のヨガソックスは、何枚も作りたくなるでしょう!
新キット3型と人気のソックヤーン「アレグリア」に新色が仲間入りして店頭を飾ります。

ヘルガ・イサガーさんとお話会

  • 日時 3月18日(土) 13:00-14:30 *この回は定員になりました。
  • 場所 MOORIT(丸の内)
  • 講習費 2,808円*書籍をお求めください
  • 定員 8名

*簡単なお菓子をご用意していますので、飲み物をご持参ください。
*やむを得ずキャンセルされる場合は、3日前までにご連絡ください。

ヘルガ・イサガーさんが新作書籍「The Artisan」に掲載している作品の制作ポイントを解説してくれます。作品の試着も可能ですのでこの機会に英文パターンに挑戦してみては?

参加料には書籍「The Artisan」(2808円)が含まれています。
「The Artisan」には日本語パターンは付いていません。
ご了承ください。

3日間限定イベント 佐藤千香子さんが伝える「クケリ」

3日間限定イベント 佐藤千香子さんが伝える「クケリ」
2017年1月27日・28日・29日

染色家でありながら、世界各地を旅して手仕事を探求している佐藤千香子さんがブルガリアの伝統的な「春」を迎えるためのお祭り、「クケリ」を紹介してくれます。
クケリのキーワードとなる「ベル」と佐藤さんならではの色彩が映えるブローチ、ブレスレット、ネックレスが3日間限定で店頭に並びます。
手仕事を楽しみながら暖かな春の訪れを感じてみてはいかがでしょうか?
 

クケリ KUKERI/ КУКЕРИ
怖い仮面を被っている男性の集団が腰に付けた大きなベルの音を激しく鳴らしながら荒々しく踊ることによって冬の寒さや悪魔を追い払い、その村に幸福や健康、豊かな収穫をもたらすといわれています。
ベルの大きさはいろいろあり、一番大きいものは3㎏程。ベルトにつけるベルが多ければ多いほどよく、衣装の総重量は60キロにもなる場合も。
仮面には2つの顔があり、ひとつは優しく愉快、もうひとつは怖くて醜い顔で、世の中の善悪を表わしています。また、白色は水や明るさ、黒色は土や火の意味があります。
大昔、トラキア人の時代からの習慣といわれるこの「クケリ」。毎年1月から3月にブルガリア各地で行われ、首都ソフィア郊外のペルニック市のスルヴァ仮面踊り国際フェスティバルは、毎年1月最後の週末に開催されます。

MOORIT ウィンドウ

ラトビアのミトン
2017年1月2日(月)~1月22日(日)

ラトビアミトンのキットがウィンドウを飾ります。
長い歴史の中で様々な言い伝えがあるラトビアミトン。
そんなエピソードに想いを馳せながら、
繊細な模様の編み込みミトンを編んでみませんか?

1 2 3 9