MOORIT

Envelope Online Shop


下田直子の「スパングルポーチ」

  • 日程  7/2 (火)13:00-15:30 ・ 7/16(火)13:00-15:30 2回セットです
  • 場所  MOORIT(丸の内)
  • 講習費 19,950円(2回分/材料費含む)
  • 持ち物 かぎ針0号レース針

*簡単なお菓子をご用意していますので、飲み物をご持参ください。
*やむを得ずキャンセルされる場合は、3日前までにご連絡ください。
下田直子さんデザインのスパングルポーチを下田さんに教えていただくレッスンです。
かぎ針でスパンコールを編みこみながらポーチをつくります。
華やかかつシックな印象でパーティーでも活躍しそう。
色はナチュラル(白)かアクア(ブルー)からお選び下さい。

プロフィール
下田直子 Naoko Shimoda
1953年、東京に生まれる。
1973年、文化服装学院ハンディクラフト科卒業。

手芸好き、布好きの少女時代を過ごし、専門の学校に進むが、そのころは刺繍になじめなかった。
ニットデザイナーとして経験を深め、その後渡米。
日本の情報から離れてニューヨークで2年間暮らし、ネイティブアメリカンの手工芸などにふれ、
創作意欲が高まり没頭する。
帰国後、手芸作家としてスタートし、現在まで続々と作品発表、著者活動を続ける。
1998年、手芸スクール「オフィスMOTIF」をオープン。
2004年、「下田直子の刺繍図案」を出版。苦手だった刺繍も今ではこんなにおもしろいものはない、
に変わった。
大胆な布と糸の組合せ、モダンなのに懐かしい、ハンドメイドならではの温かいかわいらしさが、
多くの下田直子ファンを生む。

著者『ハンドメイドバッグ』『きものバッグがほしい』『下田直子の刺繍図案』『かぎ針編みっておもしろい』
『かぎ針編みっていいね』『いろいろ通して、かぎ針編み』『下田直子のアンダリヤワールド』
『下田直子のアンダリヤストーリー』(すべて文化出版局刊)ほか多数。

このワークショップは定員に達しました。

ソフトコットンのレッグウォーマー

  • 日程  6/23 (日) 14:00-16:00
  • 場所  MOORIT(丸の内)
  • 講習費 6,720円
  • 定員 4名
  • 持ち物 4号の4本棒針または60㎝以上の柔らかいコードの輪針1組

*簡単なお菓子をご用意していますので、飲み物をご持参ください。
*やむを得ずキャンセルされる場合は、3日前までにご連絡ください。

撚りのかかっていない柔らかなコットンでレッグウォーマーは、ベッドタイムやお部屋でのリラックスタイムに。
つま先とかかとがあいているので、比較的簡単に編めるアイテム。輪編みでぐるぐると編み進みます。
輪針を使ったマジックループにも挑戦できます。

グリーンティ、ミルク、ウォーターブルーからお選びください。

leg_green_tea leg_milk leg_blue

左から、グリーンティ、ミルク、ウォーターブルー
*画面の表示の色は実際の色と多少異なる場合があります。

 

TOKYO ZOO

「TOKYO ZOO」
6/1(土)-13(木)

羊毛で動物オブジェを制作する造形作家YOSHiNOBUと、
刺繍で繊細で立体的に生き物を作りだす刺繍作家のHIPOTAの
二人展を行います。
動物モチーフを得意としている二人の作家が「TOKYO ZOO」と題して、
小さな動物園をつくりだします。
YOSHiNOBUからは羊や白クマのオブジェ達、
HIPOTAはペンギン、フラミンゴ、馬や様々な動物のブローチ。
MOORITに現れるひとときの動物園、是非ご覧ください。

プロフィール
YOSHiNOBU(ヨシノブ)
造形作家。
神様の作られた動物の姿を再現しながら、手作りで動物オブジェを制作。
大人の方がほっと心を許せるインテリアを目指している。
東京・関西を中心に企画展参加や展示会・ワークショップを開催。

HIPOTA
1979年福岡県生まれ。
趣味だったクレヨン画を刺繍で表現できないかと模索するうちに
ディタッチトボタンホール・ステッチで塗りつぶすような刺繍を始める。
後に立体的な刺繍ブローチ作りへ。
主に生き物をモチーフに立体的な刺繍をしている。

ワークショップ  「羊毛フェルトで作るヒツジの指人形」

羊毛フェルトで大人が楽しめるヒツジの指人形を作ります。
初心者の方もお気軽にご参加ください。

  • 日時 (1)6/1土 12:00-15:30  (2)6/8土 12:00-15:30
  • 参加費 ¥6,300
  • 講師 YOSHINOBU
  • 持ちもの 先のとがったハサミ、お手持ちのカメラ(撮影用)
  • 定員 各8名

傘 トウキョウ 毛糸

「傘 トウキョウ 毛糸」

日傘ブランドCoci la elle(コシラエル)主宰するひがしちかが、ここでしか出逢えない日傘や雨傘を展示します。
日傘と糸、繋がらなそうなふたつが、MOORITで繋がります。
Coci la elle×MOORIT 特製の日傘3本は淡い色のリネンとコットン糸の美しいフリンジが傘の周りを飾ります。
その他折り畳み日傘、スカーフなどを販売。Coci la elleの世界をご覧ください。

プロフィール
ひがしちか
日傘ブランドCoci la elle(コシラエル)主宰
作り手の気持ちがこもった日本独特の言葉を看板に日傘に絵を描いたり刺繍をしたりと、 唯一無二の傘を製作
ユーモラスで 詩的なコラージュや色彩の美しいス カーフの図柄も描くまた、お財布小物ブランドI Eye’s (アイアイズ)のデザインを担当テキスタイルプロジェクトmeme のメンバーとしても活動中

Coci la elle
http://www.cocilaelle.com/

meme(ミーム/テキスタイルプロジェクト)
http://we-me.me

I Eye’s (ミーム/テキスタイルプロジェクト)
http://i-eye-yes.com/

ワークショップ  「ひがしちかと作る 毛糸のアクセサリー」

ひがしちかさんと一緒に毛糸をつかってネックレスをつくりましょう。
使用素材はアルパカの糸なので肌にもやさしいです。

  • 日時 5/3金曜日 1.11:30-13:00 2.14:00-15:30
  • 参加費 ¥5,000(材料費込み)
  • 持ちもの 使用したい好きなリボンがあればお持ち下さい
  • 定員 各6名

エジングワークショップ

  • 日程 *日時変更しました
    (1) 5/10(木) 14:0016:00
    (2) 5/12(日) 14:00-16:00
    (3) 5/19(日) 14:00-16:00 *定員に達しました
  • 場所  (1),(2)は名古屋三越「二子玉川の散歩道」会場、(3)はMOORIT(丸の内)
  • 講習費 5,880円
  • 定員 4名
  • 持ち物 4号の棒針、かぎ針など

*簡単なお菓子をご用意していますので、飲み物をご持参ください。
*やむを得ずキャンセルされる場合は、3日前までにご連絡ください。

(1),(2)はエジングワークショップ二子玉川の散歩道」にて。
名古屋三越でのイベント 「二子玉川の散歩道」会場にて、エジングワークのワークショップを行います。

本来、エジング(ふち編み)はショールやハンカチなどのふちにつけるもの。
このユニークなギザギザの模様編みはふちに限らず、コップに巻いたり、コースター、つけ襟、スカートの裾につけたりと、アレンジが出来て楽しく編めます。
シンプルな模様編みですので、初心者の方や編み物に慣れていない方もご参加ください。
ゴールデンロッド、ピューター、バーガンディ、レッド、シーダーウッド、フレンチブルーからお選びください。

golden pewter burgundy red cedarwood frenchblue

左から、ゴールデンロッド、ピューター、バーガンディ、レッド、シーダーウッド、フレンチブルー
*画面の表示の色は実際の色と多少異なる場合があります。

スウェーデン・ダーラナの糸で作るノールビンドニングのミトン

  • 4/17(水) 12:00-15:30
  • 場所  MOORIT(丸の内)
  • 講習費 7,000円
  • 定員 6名
  • 持ち物 とじ針

色はラベンダー(ピンクむらさき)、リネア(白)のどちらかお選びください。各三色ずつご用意しています。

*簡単なお菓子をご用意していますので、飲み物をご持参ください。
*やむを得ずキャンセルされる場合は、3日前までにご連絡ください。

スウェーデン・ダーラナ地方在住のマツバラヒロコさんに、北欧に古くから伝わる「ノールビンドニング」という技法でつくるミトンを教えてもらいましょう。

ノールビンドニングとは
北欧に古くから伝わる、編み物の仲間 ノールビンドニング。
スウェーデン語の「Nål(針)」と「bindning(結合)」という単語から来ているこのテクニックは 厳密に言うと編み物ではないが、棒針編みの伝 わる16世紀までスウェーデンで主に手袋と靴下を作ってきたのはこの手法とウールフェルトのみと行っても過言ではないほどの活躍ぶりだった。

プロフィール
マツバラヒロコ 神戸出身。
大阪のテキスタイル商社に10年勤めたのち、北欧のテキスタイルへの興味がつのり
2003年よりスウェーデン・ダーラナ地方のテキスタイルコースで2年半学ぶ
現在もダーラナ地方在住でスウェーデンの手工芸と生活雑貨を中心にしたwebショップ<happy sweden>を運営。
http://www.happysweden.net

このワークショップは受付終了しました。

「Hello from TOKYO」

「Hello from TOKYO」

ニットアーティストmafuyuが東京丸の内MOORITで「Hello from TOKYO」と題してオープニング展示を行います。
作品は全てハンドニットと機械編みで絵を描く様に様々な色を使って製作し、今回はストール、グローブ、バック等をご覧頂きます。
従来のニットとは違った魅力を観て触れて感じて下さい。TOKYOから新しいニットのパワーをお届けします。

プロフィール
mafuyu
美術大学で洋画を専攻し平面作品の制作と同時に鉄などの立体制作を始める。卒業制作で糸を使用したインスタレーション作品を発表。
2003年よりオブジェだけでなくより身近なニット作品を手がけ、個展を中心に活動。
他にウィンドウディスプレイ、ワークショップ、雑誌への作品提供、ミュージシャンの衣装等も手がける。
人が身につけられる作品とそうではない作品の二つの表現をし、両者ともに見る人が何かを想像し触れたくなる様な世界をオブジェとして捉え制作している。
http://mafuyu.jp/

ワークショップ  「マリンニット帽を作ろう!」

春風を気持ちよく感じながら、夏に思いを馳せ、ボーダー柄が涼しげなマリン帽を作りましょう。
折り紙のように組み立てる帽子は、平面に編み終わったニット地を最後にとじ合わせて立体になります。土台のニット地はご用意します。トップ部分をかぎ針で編んでしあげます。編み物初心者も歓迎。

  • 日時 3/30(土) 11:30-14:30
  • 参加費 ¥5,300
  • 持ちもの かぎ針5号、まち針(かぎ針をお持ちでない方はお申し込みの際お伝えください)
  • 定員 8名

※このワークショップは受付終了しました。

Lithuania Diary at MOORIT – リトアニアを編む –

Lithuania Diary at MOORIT – リトアニアを編む –

2013 2/7(木)-19(火)

バルト三国の一番南に位置するリトアニアを旅して見つけた手編みのミトンや靴下、
カゴや木製品を展示販売します。
冬は零下20度になるこの国には、編み物の上手なおばあちゃんがたくさんいます。
暮らしに寄り添った手仕事は温かみに溢れています。
リトアニアはリネンの産地としても有名です。
朽ちた木のような美しいグレーのレース糸から、 甘縒りの荷物紐など、
個性的な素材が揃います。どうぞお出かけください。

プロフィール
from East to East PROJECT by suimok
日本とリトアニアをつなぐ文化交流企画。デザインチームsuimokのプロジェクトとして立ち上げる。
リトアニアのライフスタイルを独自にリサーチし、”リトアニア・ダイアリー”と題したイベントを通して、
クラフトや新しい世代のデザインを紹介している。
また、展覧会のコーディネートやディレクションなど、幅広く活動を展開中。
HP:www.from-east-to-east.net ・ www.suimok.comt

WORKSHOP 麦わらでつくる空飛ぶ鳥のオーナメント

リトアニアの伝統装飾ソダスをつくります。麦わらのオーナメントは、ヨーロッパ全域に見られますが、
リトアニアのものは立体的で、シャンデリアのように華やかなものもあります。
今回は、よくモチーフとして用いられる鳥のオーナメントを作ります。
自然の素材に触れながら、リトアニアに思いを馳せてみたいと思います。

  • 日時
    (1)2/15(金)10:30-13:30
    (2)2/15(金)14:30-17:30
  • 場所 リネンバード
  • 定員 各5名
  • 講習費 5250円(税込み、材料費含む、持ち帰り用麦わら付き、) お茶つき※このワークショップは受付終了しました。

ひつじと刺繡

ひつじと刺繡

2013 1/17(木)-1/29(火)

刺繍作家atsumiが一点物の小物やMOORITの糸を使った刺繍作品を届けてくれます。
エンブレム、タッセルピアス、ボタン、カード等、今まで見たことの無い刺繍の世界をご覧ください。

プロフィール
多摩美術大学卒業後、アパレルメーカー、同大学に勤務ののち
刺繍作家としての活動をはじめる
刺繍をベースとした作品づくりで個展を開催するほか、
異素材を扱う作家・デザイナーとのコラボレーションワークや、
アニメーションへの素材提供・装画制作・ワークショップなどの活動をしている

2009年 刺繍こものブランド i t o s をはじめる
2011年 『刺繍のエンブレム』 文化出版局

HP: www.itosigoto.com

●タッセルつき刺繡ブローチをつくるワークショップ

リネン生地に刺繍をし、くるみボタンに仕上げタッセルも付けてブローチを作る。
持ち物:裁縫道具(針、はさみ、チャコペン、刺繡枠)
※無いものがある場合は貸し出しますので、お申し込みの際にお知らせください。

  • 日時
    (1)1/18(金)12:00-15:00
    (2)1/22(火)12:00-15:00
  • 場所 リネンバード
  • 定員 各5名
  • 講習費 5250円(税込み、材料費含む) お茶つき

※このワークショップは受付終了しました。

ベビーアルパカのスヌード

肌触りのよいベビーアルパカの糸で暖かなスヌードを編みましょう。

  • 日時
    (1) 1/17(木)13:00-15:00
    (2) 1/24(木)13:00-15:00
  • 場所 リネンバード
  • 定員 4名
  • 講習費 9,450円(税込み、材料費含む) お茶つき
  • 持ち物 使い慣れた7号の棒針、又は輪針、とじ針をお持ちの方は持って来てください。
  • 6色の中からお選びください。

snood_color_sample
左から
ブルーチーズ、バブルガム、トーステッドアーモンド、ディジョン(サンプル色)、サルサ、ペスト
*画面の表示の色は実際の色と多少異なる場合があります。

一見細くて繊細そうなベビーアルパカ100%毛糸でも、2本取りにすれば編みやすくなります。
両サイドに縄模様が入って、編み地の端もきれいに仕上がります。
ニットデザイナーオチアイトクコさんによるオリジナルパターンのクラスです。

オチアイトクコ
2009年よりオリジナルニットパターン制作を開始。また、東京・横浜にて編み物教室を主催しています。
現在、オンラインニッティングマガジン「amirisu」の企画編集に奮闘中!
日々、日本における編物がよりオシャレでステキなものになるよう、活動中です。

※このレッスンは受付終了しました。

レッスンをやむを得ずお休みされるときは返金できませんので、スタッフによるチュートリアルクラスの時間を利用してください。